クロスカントリースキーには、大きく分けて2つの走法があります。

・クラシカル走法(歩くスキー)は、雪上につけられた2本の溝の上を
 滑ります。
 スキーを交互にキックして進むため、板には滑るためのワックスと
 キックするための滑り止めやウロコ状のギザギザがついています。

写真

写真

・スケーティング走法は、V字に左右へスライドしながら進む滑り方で
 スピードが出ます。

角山ゲレンデでは、クラシカルコース(1周約800m)が2コースと
スケーティングコース(1周約1,200m)1コースをご用意しています。

写真

基本動作は「歩く」動きと同じです。
バランスとキックと体重の移動が上手に滑るコツだそうです。

服装は、ピチピチのウエアを着ている人をよく見ますが、
結構汗をかくので、体温調節ができる動きやすい格好がいいですよ♪
手袋、帽子、耳当て、サングラス(ゴーグル)も必須アイテム!

初心者でも手軽にできる「クロスカントリースキー」
ぜひ、体験してみて下さい。

写真